今月のらーめん、決まりました!

今月の“愛のらーめん”は、正油らーめん!
シンプルな正油スープに、ピリ辛麺がバッチリ合います!
今回は半麺のミニサイズもご用意しますので、
他のいろんなメニューとご一緒にどうぞ^-^
12月14日(日)、20日(土)、28日(日)
☆ 20日(日)と28日(日)は、スペシャル餃子もあります!!

初お披露目 “トマトらーめん”♪

10264123_668019996646843_3981181453

”ラーメン”というよりは、イタリアン!な、このらーめん♪

オリジナルのスープに、ゆでキャベツ・ホウレンソウ・トマト!それに手づくりのピーナッツマヨネーズのトッピングが絶妙です✿

麺は、きれいなオレンジ色のオリジナル!唐辛子を練りこんだ麺♪

この美味しさ、とにかく食べてみていただきたいので、11月22日(土)と30日(日)に数量限定メニューでお出しします(●^o^●)

お値段はなんと!650円!
両日ともライブもあります♪

○22日(土)は、12:00~ 和歌山の"Double Note"さんと、口笛とピアノのユニット"jam"さん、それに”愛(まな)”、”ゆめ”さん

○30日(日)は、11:00~ ご夫婦で活動されているフォークソングユニット"In the Wind"さん♪ 

素敵な演奏を聴きながら、あったか~いトマトらーめんを、ぜひどうぞ♪

 

黒米パン はじめました!

黒米こめっ粉、黒米あんぱん、黒米角食パン はじめました!

黒米はもち米なので、さらにもっちり。

P10408671

ぜひ召し上がってみてくださいねheart02

ゴールデンウィークが終わって

ゴールデンウィークには本当にたくさんのお客様がご来店くださいました。

どのライブも盛り上がり、最高のゴールデンウィークでした!

演奏してくださった方々、来てくださった方々本当にありがとうございました!!

ライブの様子は、そぶら山荘facebookに載せていますので、見てくださいね。

岸和田ツーリングクラブ

今日はそぶら山荘でも日中は暑いくらいの陽気でしたsun

おーぷんかふぇには岸和田ツーリングクラブの方々をはじめサイクリストの方々がよく来て下さいます。

昨日も岸和田ツーリングクラブの方が来てくださいました。(いつもありがとうございます♪)

そして昨日撮った写真をもう岸和田ツーリングクラブのHPにUPしてくださっていて感激!

ゴールデンウィークのコンサートのお知らせも載せてくださり、ありがとうございます。

この岸和田ツーリングクラブのHPの写真をクリックすると、それぞれまた別の写真が出てくるんですよ!おもしろ~いhappy01

一度見てみてくださいね♪ 

オープンカフェ リニューアル!

石釜パン工房愛(まな)のオープンカフェがリニューアルしました!

スタッフ手づくりのとーっても素敵な空間ができあがりました!

川のせせらぎと、ひぐらしの鳴く声が心地よいBGM。

暑い日が続くなか、ほっとするひと時をオープンカフェでどうぞclover

Dvc00170

Dvc00171

石窯パン工房 愛

10月から新しく出発した 石窯パン工房 愛(まな)

おかげさまで、お客様もどんどん増えていますo(*^▽^*)o ありがとうございます!!

和歌山県のめっけもん広場、貝塚市の国華園にもパンをだしています。

スタッフ自ら言うのもなんですが、ほんとにおいしいんですよ~♪

米粉の角食はトーストするとサクッ!もちっ!

ドーナツは全然油っこくなくて、いくらでも食べれそう!

また、只今クリスマスにぴったりの米粉のピザも予約承り中でーす♪

24cm 1ホール 1500円。

2人で1ホール食べる方もけっこういらっしゃるんですよ。

パン工房は年内、年始無休で営業しますので、みなさん来て下さいね!

左官屋さん

さて、石窯作りがスタートしました。

まずは基礎を作ります。

土台を水平にするのです。

ここで、YさんとNさんが活躍します。

コンクリートに水平器を置くと、一番高い所と低い所で約1センチの差がありました。

Nec_0146 まず、水平に水糸を張ります。

一番高い位置にセメントを置き重量ブロックを置きます。木槌で打ちながら水平器で水平を確認します。

これを基準に次々とブロックを置きます。

色々な工事現場で働いた事があるYさんとNさんは当たり前のようにどんどん作業を進めていきました。

  7232_2             

私もやってみましたが、ブロックが沈みすぎたりして、想うようにできませんでした。

Nec_0166 夕方にはここまでできました。 

7234 作業の様子。

                                         Aya

石窯プロジェクト

山荘にはかつて石窯があり、らぱんのパンやピザを焼いていました。

しかし、壊れてしまいました。

そして、約2年。やっと、作り直す機会がやってきました。

山荘にアンドリューという青年が7月15日にやってきました。

ポーランドからきたアンドリュー青年は色々なことができ、冷凍庫の修理、PCを分析したり、森林のことにも詳しいのです。

そこで、石窯のことを相談すると早速調べて、設計図を描いてくれました。

ポーランドは寒い国で、石窯は家の中心にあり、地下で石窯に火をくべるそうです。そうすると熱が地下から1階の床に伝わり、床が暖かくなります。また、家の中心に石窯があるので石窯からの熱が家全体に伝わります。

石窯でいつでもお湯をわかしたり、パンを焼くなどの料理ができるそうです。

そして、レンガは熱を保つ事ができるので、1日中家の中が温まります。

そんな国の出身ですから、石窯の構造にとても詳しいわけです。

こうして、石窯作りをスタートできるチャンスがきたのです。

                                       Aya

その他のカテゴリー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ